忍者ブログ

はるまま的京都生活♪

2010年春に札幌から山梨へ引っ越し、2011年7月に楽しく過ごした山梨ともお別れし滋賀県へ引っ越しました。そして2013年春、京都に引越しました。今まで仲良しだったお友達やブログで親しんでいただいた皆さんへの近況報告のつもりでボチボチ書いていきたいと思います。

HOME Admin Write
選択したカテゴリーの記事一覧
皆さん、お盆休み、いかがお過ごしでしたか。

私は、この夏休みは遊ぶだけでもなく(^^;; ちゃんと仕事もしてました。
教員免許の更新講習です。
10年に一度、30単位を大学の講義で取得しなければいけません。

まあ、30単位と言っても、5日間の講義と認定試験で修了。
朝、8時50分から夕方5時近くまでです。現役教員が受けるため、ほとんどが長期休み中に開講されます。それなら、北海道で受講したほうが、子どもたちも実家においていけるし、同い年の友人と一緒に受講できるし、ということで、すべて北海道で受講することにしたのです。

教育大札幌で3日間、

北大で二日間、無事修了。
(まだ、結果はきてないけと、まさか落ちないだろうと)

どちらも母校ではありませんが、友人なども多く、親しんだところなので、懐かしい感じがしました〜。
PR
皆さん、お元気でしょうか。
我が家は水曜日の夜、無事帰国しました。
持って行った薬などのお世話になることもなく、みんな元気です。

さて、前回の続きですが。
ホテルではこんな気持ちのサービスがありました。
IMG_0948.jpg一応、結婚10周年の記念旅行です、とホテルに伝えてあったので。
ハネムーンほどのサービスはありませんが、フロントの人がちょっと
お祝いを言ってくれたり、というおもてなしがありました。





IMG_0971.jpgうちの娘、アトピーなんですが、海に入ると肌がぴりぴりすると言いだし、
ほとんどこのプール。ほとんど貸し切り状態で、これもまたよかったですけどね。

それにしても海に入れないとなると、今後はビーチリゾートはどうなんでしょうねえ。私は暑くなる前の早朝、ビーチを一人で散歩するのがとっても気持ちよかったです。

IMG_0935.jpgで、散歩ついでにちょこちょこと拾って来た貝殻。
いい記念になります。






IMG_0969.jpgある夜。
ビーチサイドのレストランで、ビュッフェつきのショーがあると聞きました。
タイらしいショーだというので、民族舞踊でも??と思ったらニューハーフショー
まあ、楽しかったからいいんですけどね。
ショーの前のカクテルパーティーとディナービュッフェ、飲み物がついて、家族で1600バーツ。約4200円。安くて助かります。

IMG_0906.jpg暑い国への旅行。あって便利だったのはこれ。
やはり暑いですからね、子供たちは飲み慣れたお茶をよく飲みます。コーラやスプライトもすっきりしますが、やはり冷たい麦茶でしょ、ってことで、ペットボトルに入れるタイプの麦茶パックを持参。よかったです。

東南アジアはお茶のペットボトルも結構売ってますが、変わった味がするものもあるんで…。


IMG_0980.jpgそして、こちらも。
飲み物類はすぐにぬるくなるので、保冷バックに入れて持ち歩いていました。
これならいつでも冷たいお茶が飲めます。あ、もちろん保冷剤は帰りは捨ててきますよ。
プールサイドにも持って行くと便利でした。


家族みんなで楽しく過ごした1週間でした。子供たちは「また来年いきたいーい」なんて言ってますが、無理言うなって感じです。(いや、私だって行きたいんですけどね〜)

さて、夏休みもあと1週間です。そろそろ生活リズムを元に戻さないと!

皆さん、お元気ですか?
我が家はタイのサムイ島に滞在中です。タイのリゾートと言えば、プーケットが日本ではメジャーですが、そちらは今は雨季ということで、反対側のサムイ島を選びました。

日本からは、以前は直行便があったらしいですが、今はバンコク乗り換え。バンコクまで5時間半、それにサムイ島まで1時間。子連れにもまあそんなにキツくない距離なんですが、不思議とあまり日本人がいません。
日本語はほとんど通じませんが、お互い英語ネィティブではないせいか、英語が結構通じます。英語圏だと変な英語だと、何言ってんだ?みたいな顔されることが多いですが、こちらは一生懸命疎通させようとしてくれます。

そしてタイの人たちは、みんなテキパキ働いていて、見てて気持ちがいいです。

サムイ島はあまり動き回り観るところはないのですが、一日観光する程度の観光客向けの施設はあります。


象に乗ったり、エサをあげたりね。
とは言え、基本ホテルとビーチでまったりが好きな人以外には向いてないかな。

仏教国なので、仏教関連の施設がいろいろ。これは、何だったかな。

物価が安いので、滞在中の費用があまりかからないのも嬉しいです。

フットマッサージは30分で400円くらい。

では、また時間ある時に続き、書きますね〜。
札幌の皆さん、いつも遊んでくれてありがとう!これから滋賀に帰りま〜す。(^^)/~~~

やはり札幌の夏休みはいいです。ほどよく夏を感じられます。
まだまだ関西は暑いだろーなー。
写真は、ルスツの山頂。
寒かったわ…。

では、残りの夏休みも楽しみましょうね。
皆さん、いかがお過ごしですか?北海道はごめんなさい、メチャメチャ涼しいで〜す。本州の皆さん、ピーチ、ジェットスターなどを利用しぜひ避暑に来てみてください。

この前の週末、我が家は子供たちが遊園地へ行ってみたいと言っていたので、泊まりでルスツリゾートへ行ってきました。

そうそう、こういうのがいっぱいあるところです。大学生くらいの時に日帰りで行った記憶もなんとなくあるんですが。

夏休みの土日にしては、そんなに並んだ気がしないのは、私が本州の混雑に慣れたのかしら。
子供たちがあまり人気のものを乗りたがらないからかも。上の子は結構怖がりで(^_^;)
下の子の方があっさりジェットコースター、乗っちゃったりしてました。

二人のお気に入りはこれ。サバンナで狩りをするイメージ。子供だけでも乗れてGOOD。

サーカスあり、夜は花火あり。

ホテルの室内のプールは造波プール。すっごい波がきます。海なら完全に遊泳禁止です( ̄◇ ̄;)

二日間遊園地遊び放題に無料送迎バス、二食つき一泊で大人は13000円。小学生は9500円はまあまあいいですね。
子供たちはすでに来年は何に乗る〜とか言ってます(^_^;)
皆さん、夏休み、いかがお過ごしですか?
我が家は先日、友人と五家族で長沼にキャンプに行ってきました〜。札幌からも程よい距離でお値段も手頃なマオイオートランドへ。(本気キャンパーに言わせるとあんなのアウトドアじゃない!て言われそうですが。)

泊まったのはコテージ。一泊一万円でした。

五棟しかないので、土曜日とかは予約が難しいです。人数が多い時は、コテージの前にテントを張ってもいいそうです。(その場合も追加料金などはありませを。)


散らかってますが(^_^;)中はこんな感じでロフトになってます。

ロフト部分には布団四組とその他いろいろ敷いて結局何人寝たかな、10人くらい寝たかも。

もちろん、キッチンと洋式トイレつき。

コテージ代の他に入場料が大人1000円子供500円払いますが、その代わり徒歩五分くらいのところにある長沼温泉に入れます。
札幌も32度を超える暑さとなりました。が、山梨、滋賀で鍛えられた子供たちは、まだまだ外遊び、大丈夫らしいです。

付き合う大人は厳しいんですけどね(^_^;)
水道記念館です。
無料施設ですが、駐車場完備。館内には体験学習的なコーナーもあり、楽しいですよ。

子供たちは毎日遊び、私は歯医者に。
中で折れてた前歯とも、とうとうお別れしてきました。前歯が一本ないと声の出し方に少し変化がでるものなんですね。いつものようにしゃべりまくっていると喉が枯れてきます。不思議ですね〜。

本州の方は特に厳しい暑さが続いているようですが、どうぞ体調に気をつけてお過ごしくださいね。

日本初の本格LCC、ピーチに先日初めて乗ってきました。乗ってみようかな、という方、参考までにどうぞ。

ちなみに料金は、2ヶ月以上前の超割で予約してANAでは11800円でとれる予定でしたが、ピーチが4780円+座席指定分210円の計4990円でとれたので、ピーチに決定。

札幌千歳→大阪関西空港

JRを降りると、ピーチだけ到着ロビー方向へ。なんか疎外感あり。

ANA団体カウンター横にひっそりピーチのカウンターが。そういえばエアドゥの始めの頃もこんな感じだったなあ。

手続きは、一時間半前からじゃないとダメらしい。荷物預けて空港でぶらぶらしようと思ってたんだけどね。結局、一時間半前に到着するJRで行きました。

手続き簡単。ネットで購入時にプリントしたバーコードをピッとするだけ。するとチケットがぴろーんと出てきます。

預けたい荷物が一つありました。1000円とばかり思っていたら、ネットで予約している場合は1000円だけど、当日カウンターで突然預けると2000円とな((((;゚Д゚)))))))

それは高い〜。それなら関空からうちまで持って帰るのも手間だし、ってことで、空港から宅配で家まで送っちゃいました。ピーチの預け入れより安かった…。

こんなことなら、実家から送ってしまえばよかった〜。

すったもんだしつつ、さてとびましょう。

搭乗口はもちろん一番端っこの一番。待合スペースもかなり狭いのです(T . T) この辺りですでに「次はANAかしら?」という心の声が聞こえてきました。

搭乗です。

我が家は一人210円払い、事前の座席指定をしていました。早い時期に前から二列目をとっていたので、楽でしたが、後ろの方は結構時間もかかりそうでした。

客層が、我が家のように子連れの帰省を安く済ませたいわって感じの人、こんなに安いなら乗ってみようみたいなおばちゃんグループ、子どもがとってくれたから子供の家にいってみる、って感じの老夫婦。もちろんみんな手荷物多し。社用っぽい人はほとんどいない。まあ、これでテキパキ搭乗っていうのはムリな相談ですね。

<通路が狭い上にシートの前後の間も狭い。いろんなところで、搭乗を遮る人がいて、後ろの人は少々イラついたかも。いや、逆流してきたおばちゃんを見た時は誰しもかなりイラついたでしょう。

とはいえ、飛行機は新しいし、シートが狭いといってもダイエット進行中のわたくしと幼児二人のかわいいお尻には十分なスペース。前後の間が少し狭いのが問題ありですが、我が家には大きな問題ではないですね。でも巨体の男性はよく考えて乗った方がいいでしょう。

ピーチの機内は、毛布などのサービスは一切なく、音楽も聞けません。飲み物のサービスも有料。なので、持ち込む人が結構いました。

でも、お弁当やパン、おやつ、カップ麺など、いろいろあるし、それほど高くないので、私的には⭕。空港の弁当も結構高いしね。ちなみ娘がピーチデニッシュを買いましたが、パン屋で買えば200円くらいのものが、機内で300円、という感じでした。美味しかったみたいです。

弁当やサンドイッチなどは、最終便では、四割引になるらしいですよ。あてにして乗って売り切れてたりしたらショックだけど。

関空着の便では、空港からの南海電鉄の乗車券も売ってる。一割引だって。

着陸後、もちろんブリッジではなく、バスでの移動なんだけど、そのバス、ターミナルビルにいかず、そのまま空港外のバスターミナル横に行っちゃうのは衝撃でした((((;゚Д゚)))))))

施設利用料が節約にできたのかな。

預け入れ荷物もターンテーブルでまわってくるわけではなく、トラック?から降ろしたものを自分でみつけて持っていく感じ。外だよ、外!

まあ、結局、乗ってしまえば大差なく(感じ方には個人差があります。)我が家的には、乗る前の心の声もどこかに行きました。手荷物だって次はネット予約をしていけばよいのだ。ガマンできないような出来事はなかったから、コスパ重視で行く予感がする。

2000円違いくらいならANA乗っちゃうけど、今回みたいに5000円以上違うならピーチかな。微妙に3000円とか4000円違いの時は悩むだろうな〜。

長文お付き合いいただき、ありがとうございました〜。


皆さん、年末、いかがお過ごしですか?
我が家は今回は1週間ちょっとの帰省ですが、お友達もいろいろと調整して日程をあわせてくれたおかげで、楽しく過ごしております。

27日は4家族で定山渓で一泊してきました。
大人4人、子供7人の総勢11名で、定山渓グランドホテルです。

こちらのホテルは15名まで泊まれる約30帖の大部屋があるので、お気に入りなんです。
room_02_ph04.jpg


で、この部屋は普通のお部屋とは離れていて、下はロビー、隣は宴会場なのでちょっとくらい子供が騒々しくてもあまり周囲に気を使わなくてよいというのが嬉しい。

以前は子供も小さかったので、もう2家族くらい一緒に泊まったこともあります。で、このホテルは結構お安いので、バイキングなら大人は平日一人6000円くらいで泊まることができます。でも、私たちは今回は、子連れ温泉初の「お部屋食」にチャレンジしてきました~。

バイキングは子供たちも好きなものが食べられていいことはいいのですが、残念ながら親は落ち着いて食べられない。「はい、座って。何食べる?え?ポテトおかわり?ご飯もう少し食べる?デザート?はいはい。え?トイレ?え?もうお部屋帰りたい?」って感じじゃないですか。

そこで、今回は子供に好きなものを食べさせるより母のゆったりを重視して、お部屋食となったわけです。料金が13000円となりましたが、1年の疲れを癒しましょうということで

それから、今回は「ちびセレブ」という企画中で、小学生3000円、幼児1500円で子供用のプレートの食事をつけることができました。それに子供用のかわいいスリッパとタオル、歯ブラシなどがついてきました。それにゲームコーナーで使えるチケットも3枚いただきました。
そうそう、ちびセレブを含むプランを申し込む方は、ママナビさんのクーポンを持っていくと、夕食時飲み物も1杯サービスされます(^^)

私たちは到着後、まずお風呂。そして、その後アロマエステを受けてゆったりまったり~。
子供は交代でお部屋で遊ばせておきました。
アロマエステは、通常30分4200円ですが、ちびセレブ特典で2400円になりました。

そしてお待ちかね。夕食。

P1000186.JPG

この他に後で数品とデザートが出てきました。
女性にはちょうどよい量でしたが、たくさん食べる男性には少々物足りないかもしれません。釜飯もおいしかったです

子供の料理の写真を撮り忘れましたが、子供も小学校低学年にはちょうどよいくらいのお子様ランチっぽいプレートとオレンジジュースがついてきました。食べ終わったら、横でシール交換やら折り紙をいて遊んでてくれたので、ママたちは1時間半、おしゃべりしながらゆっくり食事ができました。

年末、何かと忙しいと思いますが、たまにはこんな癒しもよいのではないかと思います。
では残り数日の札幌、楽しみたいと思います。
相変わらず山梨はじめ本州は猛暑が続いているようですね。
残暑お見舞い申し上げます。

札幌のお友達はそろそろ夏休みが終わります。
朝夕はひやっとしてますし、すでに少しですが鮭の生筋子なんかもスーパーに並び始めました。
ってことで、母が子供たちにいくらのしょうゆ漬けを早速作ってくれました
P1000058.jpg
 やはり冷凍にくらべると、ぷちぷち感がちがいます。









前置きが長くなりましたが。
今日は備忘録的に保険の話を少々。
実家の父が先日2泊3日で大腸ポリープを切除しました。開腹せずに内視鏡でとります。最近日帰りのものも多くなってますが、ある程度の大きさになると切除後も出血などの可能性も高くなりますので、入院となるようです。

まあ、切除は無事終わり、退院後生命保険の請求ができるんじゃないかという話になったわけです。
実家は自営でしたので、昔はつきあいでいろんな保険に入らされていました。で、保険の証書をとりだし、いろいろチェックした結果、N社の終身保険に1泊2日以上の入院と手術に対し給付金がおりるものとA社のがん保険につけた医療特約をピックアップ。

N社のほうは、入院の給付もおりるわけですから、当然手術もおりるだろう、ただし内視鏡によるものだとどうだろう、と思いましたが、最近はそういうのでもおりると聞いていたので、ほぼ確信して書類の請求の電話をしました。
しかし、A社は昔入ったものなので、がん以外は5日以上の入院に給付がおりるものでした。が、手術分だけでもと思い電話してみたら、入院に対してはおりないけど、手術に対してはおりるというものでした。

が、N社とA社ではいろいろ違いがありました。
契約は同じく入院1日につき5000円というもの。同じ手術なのにまず給付金額が違う。
そして、手続きの書類。N社は明細書の手術欄に所定の金額以上の記載があれば、診断書は不要。その代わり、自分で治療内容報告書を書いて提出。A社のほうは医師による診断書の提出が必要でした。

たぶん、こういう違いはこの2社に限らず、相当数ある保険会社、それぞれにいろんな違いがあるのだと思うのです。特に昔は、担当の保険のおばちゃん(失礼!)が請求まで丁寧にしてくれていたので、あまり手続き上の面倒くささはなかったのかもしれませんが、最近はコストを抑えた通販型の保険に入る人も増えてきましたよね。だから、細かい違いにも、自分で電話で聞いて理解した上で行わなければなりません。

実際、自分がいろんな病気をする年齢になったころ、自分でこういう違いを理解して自分で手続き、ちゃんとできるかなとちょっと心配になってしまいました。

ご主人にまかせきり!の方~、自分が請求する年になった頃、ご主人がいるとは限りませんよ~(笑)女性のほうが平均寿命長いんですからね~。


せめて手続き書類は各社統一してほしいですね・・・。
と、ちょっと思ったことをつぶやかせていただきました。
 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
はるまま
性別:
女性
自己紹介:
札幌子育て情報をしばらく書いていましたが、2010年春に山梨に引越し、2011年7月に楽しく過ごした山梨ともお別れし、今度は滋賀へ引越しました。夫、小1、年中の娘とともに滋賀県での子育て生活となりました。
最新CM
[12/21 通りすがり]
[01/31 はるまま]
[01/31 みやん]
[12/18 はるまま]
[12/18 スノウマン]
[11/22 JUDY]
[11/02 はるまま]
[10/27 みゃん]
[10/27 はるまま]
[10/23 みゃん]
カウンター
ブログ内検索
アクセス解析
メールフォーム
フリーエリア






Copyright ©  -- はるまま的京都生活♪ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ